2017年08月09日

夏コミのお知らせ

夏コミ1日目サークル参加します!
夏に完全新刊の告知をするの何年振りだろうか…。
という事で、無限航路のちょっとした本を頒布します。

【当日頒布物情報】
★「COSMIC RAISE」
・無限航路 紹介+振り返り本? A5オンデマ24P 200円
cosmicraise_k.png
cosmicraise_6k.png
cosmicraise_14k.png
漫画でも攻略でも無いよくわからない本です。
発売から既に8年経過している作品ですので、ゲームに触れた事が無い人がこれから遊ぶ時の心構えや、プレイした人にちょっとでも共感してもらえる部分があればいいなという内容等、いろいろ散らかった本です。
同人誌を出してる人がいるという事実を作っておきたかった、ただそれだけかもしれません。

以下当日頒布物(既刊)です。全てラグランジュポイント関連でございます。
★「宇宙金魚鉢理論」→特設ページ
・ラグランジュポイント 25周年アンソロジー本 A5オフ44P+カラー4P 500円
lag25sam.jpg
「BIO DISC-LAGRANGE POINT -ARCHIVES-」
・ラグランジュポイント セリフ書き起こし+攻略・データ集 A5オンデマ78P 700円
★「天蓋のレジスタンス」
・ラグランジュポイント 20周年アンソロジー本 A5オフ44P 500円

それでは8月11日(金)東フ-20b[QUADRATIC VESTA]にてお待ちしております!
posted by ramikan(rami) at 10:50| 岩手 ☁| Comment(0) | イベント関連 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

今週末はゲームレジェンド!

今週末、5/14開催のゲームレジェンドにサークル参加致します。

ゲームレジェンド26
会場はおなじみの埼玉県川口市駅前、市民ホールフレンディアです。

※新刊はありませんのでご注意下さい。
ラグポイTRPGキャラシートの無料配布を行っております。
完成には少々時間がかかりそうですが、興味ある方是非どうぞ!
(最近サークルカットやイラスト等で描いたラグポイキャラ絵がありますので、TRPG関係で何か少し配布するかもしれません。しないかもしれません。)

【当日頒布物情報】
★「宇宙金魚鉢理論」→特設ページ
・ラグランジュポイント 25周年アンソロジー本 A5オフ44P+カラー4P 500円
lag25sam.jpg

★「天蓋のレジスタンス」
・ラグランジュポイント 20周年アンソロジー本 A5オフ44P 500円

事務連絡だけで申し訳ありません(>_<)
スペース31b、[QUADRATIC VESTA]にてお待ちしております!
posted by ramikan(rami) at 03:42| 岩手 ☀| Comment(0) | イベント関連 | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

ラグランジュポイントをアトラスがリメイクしたらありそうなこと【ストーリー分岐その①】

ほんとはこれ、今年の4月1日にツイッターであるあるネタを箇条書きしていこうと思っていたのですが、

【人間ルート(バイオ軍を殲滅する実質LAWルート)、バイオ軍ルート(シュトルテの思想に賛同する実質CHAOSルート)、バイオ感応者を中心とした共存ルート(NEWTRALルート)に分岐する】

この設定だけでおなか一杯になるくらい妄想できちゃって収拾がつかなくなりそうでしたので、こっちで思う存分書き連ねようと思った次第です。

LAWルートはバイオハザードによって(人間にとっては)汚染された(と思われる)ものは全て排除するルート。
CHAOSルートはシュトルテ博士の「人間はより多彩な環境に耐えられるバイオの身体を手に入れ(進化を行い)より強い者が生き残るべき」という考えに賛同し、それに抵抗する人間を殲滅するルート。
NEWTRALルートはバイオハザードによって生まれたミュータントと人間のあいのことも言える「バイオ感応者」の存在を認めた上で、バイオハザードの影響を受けたもの全てを殲滅しようとする人間、そして人の理に反した進化を推し進めようとするバイオ軍、両方との戦いを終結させるルート。

アトラスらしく(というかメガテンらしく)、やや極端な思想の下でルートを設定しました。
(上記ルート分岐に照らし合わせると本編のエンディングはややLAW寄りのNEWTRALルート。)

このリメイク版ではバイオハザードによって死滅した人間、生き残った人間の他、バイオハザードの影響を強く受けた人間「バイオ感応者」が進行形で目覚め続けているという設定です。
バイオ感応者として目覚めた人間はその影響により自我を無くし、よりミュータントに近い存在となり暴走する者もいれば、飛躍的な身体能力が覚醒したものの、見た目は人間とほとんど変わらずそれまでと同じく生活できる者もいます。この振れ幅の大きさが人々に不安と可能性を与える事で物語を混沌とさせる元凶となります。
オレンジキャンプには、ミュータントだけではなく目覚めてしまった(自我を保った)バイオ感応者も避難して来ます。そして同時に、それを良しとしない人間も現れます。(いつ暴走し人間を襲う可能性が無いとも限らない存在の為。)


以下続く。
【ストーリー分岐その②】
【クリーチャーとミュータントを仲間にできる】
【クリーチャーを合体させてより強力なクリーチャーを作り出せる】
【CHAOSルート限定でミュータントの合体も行える】
【補助スキル・状態異常の効果が死活問題急に大きい】
【ノーマルエンカウントで全く油断できないゲームバランス】
【豊富なバステ効果付の回復アイテム】
【割と攻撃を反射してくる】
posted by ramikan(rami) at 21:32| 岩手 | Comment(0) | ラグランジュポイント | 更新情報をチェックする